サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキがミニカー「ノスリス」発売! エンジンは捨ててもまさかの名車NinjaのDNAを注入!

ここから本文です

カワサキがミニカー「ノスリス」発売! エンジンは捨ててもまさかの名車NinjaのDNAを注入!

 スポーツバイクで名高いカワサキが電動の3輪ビークル「ノスリス(noslisu)」を発売。普通免許で乗れる小型特殊自動車(ミニカー)扱いのフル電動車と、免許不要の電動アシスト自転車「NB-01」をラインナップし、即完売と大人気だ。

 ここでは、開発責任者インタビューに加え、他社製コミューターとの対比を交えつつ、カワサキが提案する“ラストワンマイル”の可能性を探ってみた。

販売は約5倍差でも実力は負けてない!? オデッセイがアルファードに勝る機能 7選

文/沼尾宏明、写真/和歌山利宏、KAWASAKI、YAMAHA 、glafit

【画像ギャラリー】カワサキの提案するラストワンマイルは予想外のミニカーという回答

エンジン付きで開発するも「女性が乗ってくれなかったので」電動にシフト

 ノスリスを開発したのは、趣味性の高さで知られるバイクメーカーのカワサキ。それだけに実は元々、ノスリスは「エンジン付きのバイク」として開発されていた。

 開発責任者の石井さんは、エンジニアとしてバイク関連の様々な仕事に携わるうち、将来技術開発も担当。その際、3輪や4輪など様々な乗り物を試作するうちに、冒頭のような声を街で聞く機会があった。そこで、「もっとたくさんの人が気軽に乗ってもらえるモノを作りたいと思うようになった」という。

 当初、独自のフロント2輪機構は、125ccクラスのエンジン付きで開発。試作車の出来は悪くなかったものの、社内の試乗会では「女性が乗ってくれなかった」のだ。「もっと乗るためのハードルを下げる必要があると感じ、バイクから電動アシスト自転車とフル電動車にシフトしました」。

 こうして2020年9月、新しいビジネスアイデアを公募する社内制度にノスリスを提案。記念すべき第1号に選ばれた。

ノスリスの開発メンバー。写真右が開発責任者の石井宏志さん(川崎重工業)。5月12日にクラウドファウンディングのMakuakeで発売するや、限定100台(フル電動50台、電アシスト50台)が初日に完売した

フル電動仕様のNB-01(32万円)。ナンバープレートのほか前後ライト、ウインカーを備える。トレッド幅が500mm超のため小型特殊自動車(ミニカー)扱いで、運転には同免許か普通免許が必要

免許不要で乗車できる、電動アシスト自転車のNB-01(27万円)。前カゴを上部に設置することで、前輪の左右幅を狭め、法規的に自転車道などの走行を可能にしている

独自のシンプル軽量システムで、価格は30万円前後

 フロント2輪は、車体のバンク角に応じて傾き、片側のタイヤが障害物に乗り上げても、車体の平行を保つ。自転車に比べ、安定性と積載性は圧倒的に上だ。フル電動型はミニカー扱いなので、原付一種のように上限30km/hが適用されず、最大速度が40Km/hとなるのがポイント。加えてノスリスは、軽さと低価格を実現しているのが特徴だ。

「フロントの二輪機構はなるべくシンプル化し、軽さを追求。自転車の汎用部品を使うなどして低コストを目指しました。これも多くの人に乗ってもらうために必要な条件でした」。

 さらに最重要ポイントとして「自立できること」を挙げる。三輪コミューターは自立できないモデルも多いが、ノスリスはストッパー機構を備え、スタンドなしでも基本的に倒れることがない。これらも「気軽に万人が乗るため必須の装備だった」と石井さんは話す。

左右の前輪を上下2本のステーで保持。車体を傾けて曲がることができ、段差に乗り上げても安定感が高い。また、20度以上傾かずロック機構があるので自立可能。スタンドも非装備だ

走りは軽やか、バイクのテストライダーが開発に参加

 カワサキだけに、もちろん乗り味にもこだわった。石井氏は、2015年に登場した世界初のスーパーチャージドバイク、Ninja H2で車体設計を担当。そのノウハウが活かされている。

「H2の鋼管トレリスフレームは元々、クロモリ鋼を使った自転車のロードレーサーがヒント。適度にしならせ、衝撃吸収性を高めました。同様にノスリスもやわらかい乗り味に仕上がっています」。

 ハンドリングは軽やかで、乗れば違いがわかるという。「カワサキの強みとして、バイクのテストライダーが揃っていますからね。ニンジャ250/400の開発ライダーも参加しています」。

 前二輪機構は一見シンプルながら、特にパーツの寸法に独自のノウハウがあるとのこと。「バイクのように造り込みたい気持ちを抑えるのが大変でした(笑)。落とし込み所を探るのが難しかったですね」と石井さんは笑う。

231psを発生するカワサキのフラッグシップがNinja H2。パイプフレームがどことなくノスリスと似ている

新時代モビリティのトリシティ、グラフィットと比べると?

 エンジン付きの前二輪+後一輪ビークルと言えば、ヤマハのトリシティ125が代表格だ。ノスリスと比べて前二輪が凝った構造で、車重は一般的なスクーターより30kg以上重い159kg(ノンABS)。また、自立機構を持たない。

 2018年からAT小型限定2輪免許が最短2日で取得できるようになったとはいえ、免許のハードルもある。もちろん乗車時にヘルメットが必要だ。乗り味に関しては、ほぼバイクと言っていい。

 もちろん前二輪の安心感は高いが、ヒラヒラとほぼ「バイク」を操縦している感覚。同じ三輪ながら、バイクらしいスポーティさを重視したトリシティ、安定性を重視したノスリスというコンセプトの違いが見える。

ヤマハ独自のLMW(リーニングマルチホイール)機構を搭載したトリシティ125。2014年9月の国内発売以来、かなり市民権を得つつある

 ペダル付きフル電動バイクとして人気のグラフィット・GPR-02はどうか。コチラは電動モーターのみで走行できるほか、人力でペダルを漕ぐことも可能。原付一種の扱いで、運転には原付免許が必要だ。公道では上限30km/hとなり、2段階右折が必要となる。もちろんトリシティと同様にヘルメットが必須だ。

 ただし後日販売予定のパーツ「モビリティカテゴリーチェンジャー」(通称モビチェン、価格未定)を後付けすれば、完全に自転車に切り替えられる。これは、電源を切ってナンバープレートを自転車マーク付カバーで覆うシステムで、自転車道を走りたい時に活躍。

 また、バッテリー切れでヘッドライトやウインカーが点灯できない場合、原付としての基準を満たせないため、ペダル走行モードで走行すると違法だが、そんな際にモビチェンがあれば合法的に自転車として使用できる。

GPR-02は、モーターのみで走行できるが、坂道などはペダルを漕いでアシストできる。原付扱いなので、ヘルメットが必要だ

今後はエンジン版も? ノスリスがコミューターの世界を変えるか

 一方のノスリスは、フル電動の場合、前述した通り道路交通法では「小型特殊自動車」(ミニカー)扱いとなり、普通免許が必要。クルマと同様、制限速度は60Km/hで、2段階右折も不要だ。

 ややこしいのだが、道路運送車両法では「原付」扱いとなり、自賠責保険は「原付」が適用されるのもメリット。任意保険も原付と同様に、格安のファミリーバイク特約に入れる。

 他のコミューターと比べて免許のハードルは最も高いが、普通免許を持っている人であれば即手を出せるし、免許不要の電動アシスト自転車版も選べる。これらを考えると、ノスリスは次世代コミューターのいいとこどりと言えるだろう。

ノスリスNB-01と比較した場合。色を載せた部分部分は普通自動車免許でも運転可能。ミニカーはヘルメットを被らなくても違法ではないが、万が一のために装着が推奨

 今回販売した車両は既に完売し、2021年10月からデリバリー開始予定。追加販売はしないが、ユーザーの声を元に改良を加え、2022年から一般販売を予定している。

 一般以外にも物流・公共交通機関など法人向けにも展開するほか、シェアリングサービスなども視野に入れていく。さらに「今後は子供を乗せられる仕様や、エンジン版も出したい」と抱負を語る。

 車名は、ラテン語の「Nos liberi sumus」が由来で、「私達は自由だ」の意。その名の通り「ノスリスをもっと世の中に広めて、自由な社会と街にしていきたい」と石井氏は話す。環境にも人にもやさしく(フトコロにも)、どこまでも自由。カワサキの考えるラストワンマイルが、コミューターの世界を変えるかもしれない。

川崎重工業本社ビル前に置かれたノスリスの試作車。趣味性の高いバイクの専門メーカーだったカワサキが、ここに来てコミューターで頭角を現すのか!?

【画像ギャラリー】カワサキの提案するラストワンマイルは予想外のミニカーという回答

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します