サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【レースフォーカス】クアルタラロをチャンピオンへ導いた成長と、その礎/MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です
 トップを走り続けていたフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)のまさかの転倒は、衝撃とともにタイトル争いの決着を示していた。ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリのフィニッシュラインを駆け抜ける。新たなMotoGPチャンピオンが誕生した瞬間だった。
 
 MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPを、チャンピオンシップでランキングトップにつけるクアルタラロは254ポイントで迎えていた。クアルタラロと唯一、タイトルを争うバニャイアは、202ポイント。その差は52ポイントである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン