サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、優勝争い演じるも”楽観”はせず「スペインGP後と同じ過ちは許されない」

ここから本文です

 メルセデスは、F1イギリスGPに多くのアップデートを導入し、シルバーストン・サーキットのスムーズな路面にマシンがマッチしたこともあり、好パフォーマンスを発揮した。

 特にルイス・ハミルトンは、フェラーリ勢と優勝を争うほどのペースを発揮した。

■F1分析|決勝で一番速かったのはハミルトン! フェラーリの戦略判断を苦しめた?

 最終的にハミルトンは、優勝したカルロス・サインツJr.(フェラーリ)とセルジオ・ペレス(レッドブル)に次ぐ3位に終わったが、純粋なペースで表彰台を争えたことは、メルセデスにとって大きな前進となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ