サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルのはためくフラップ問題はまだ続く? 残る2戦は”リスク上昇”も「修理は比較的簡単」

ここから本文です

 レッドブルは、今季何度もリヤウイングの問題に悩まされてきた。カタールGPでは、DRS作動時にフラップが固定出来ず、はためく様子が国際映像にも映し出されていた。

 この問題はDRSのアクチュエーターが、フラップにかかる負荷に対応できていないことが原因のようだ。

■パーツの寿命か性能追求の弊害か……レッドブル・ホンダの“パタパタ”はためくDRSには何が起こっているのか?

 カタールGPで、この問題が発生したのはフリー走行だった。レッドブルは、フリー走行ではミディアムダウンフォース仕様のリヤウイングを使っていた。しかし予選からは、この症状が出ないとされるハイダウンフォース仕様のリヤウイングを使っていたこともあってか、決勝ではトラブルが起きることはなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン