サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トラブルによる遅れを午後に挽回。アルファタウリ・ホンダのクビアト「マシンへの理解深められた」

ここから本文です
 2020年のF1プレシーズンテスト2回目が、2月26日からスペインのカタルニア・サーキットでスタートした。その初日の走行でアルファタウリ・ホンダは、ダニール・クビアトが1分17秒456で4番手、ピエール・ガスリーが1分17秒540で5番手だった。

 午前中にはインスタレーションラップ後にレッドブルのマシン共々トラブルが発生したため、午前の走行を担当したガスリーは25周しか走ることができなかった。しかしながらその問題も午後には解決し、マシンを引き継いだクビアトが61周を走破。多くのデータを集められたようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ