サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ARG eSports Cup第2戦:実力者はバーチャルレースでも強し。元BTCC王者サットンが連勝

ここから本文です

ARG eSports Cup第2戦:実力者はバーチャルレースでも強し。元BTCC王者サットンが連勝

ARG eSports Cup第2戦:実力者はバーチャルレースでも強し。元BTCC王者サットンが連勝

 オーストラリアのモータースポーツ活動を統括するARG(Australian Racing Group)が創設した新規eスポーツ・シリーズ“ARG eSports Cup”の第2戦が開催され、ベルギーのゾルダー・サーキットを舞台に争われた2ヒートで、元BTCCイギリス・ツーリングカー選手権王者のアシュリー・サットンが開幕戦に続く勝利を記録。レース2では元バサースト1000勝者のガース・タンダーが優勝を飾るなど、現実世界の実力者たちが結果を残した。

 豪州大陸のトップカテゴリーであるVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカー以下、数多くのカテゴリーを抱えるオーストラリアは、そのシリーズ全体の統括を担うARGによりアウディRS3 LMSワンメイクによる仮想シリーズをラウンチした。

オーストラリア“ARG eSport Cup”に元BTCC王者アシュリー・サットンが参戦。初戦を制す

 このARG eSports CupはTCRオーストラリアを中心に、VASCのステップアップカテゴリーであるSuper2、そして新世代シングルシーターのS5000やV8ツーリングカー参戦組を中心としたドライバーたちを対象にエントリーを募っている。

 そんなバーチャル・シリーズの第2戦で速さを見せたのは、遠くイギリスからオンライン遠征する2017年BTCC王者のサットン(Panta Racing Fuel)と、2007年のVASCシリーズチャンピオンであるタンダー(Melbourne Performance Centre)という、ふたりのタイトルホルダーだった。

 現実世界ではこの2020年にチャンピオンカーの『スバル・レヴォーグGT』から『インフィニティQ50 BTCC』にスイッチすることになっていたサットンは、その新型モデルでの実戦より前に仮想空間でアウディを走らせ、元VASC参戦組で現在S5000シリーズに挑戦中のジェームス・ゴールディン(Team Valvoline GRM)を抑えてポールポジションを獲得。40台を集めたラウンド2の予選セッションでも、開幕戦勝者の実績がフロックではないことを証明した。

 そのレース1スタートでも盤石のホールショットを決めたサットンに対し、初代TCRオーストラリア王者のウィル・ブラウン(HMO Customer Racing)はファーストシケインでリタイアを喫し、開幕から3ヒートでレース離脱率100%という仮想空間との相性の悪さを露呈する形に。

 続く3ラップ目にもアクシデントが発生し、TCRオーストラリアのレギュラー組となるネイサン・マルコム(HMO Customer Racing)とジョン・マーティン(Wall Racing)が大クラッシュ。フェンスにヒットしたWall Racingのマシンが跳ね上がり、トラック上に戻ってきたところにTCR王者のチームメイトが差し掛かり、両者はその場でリタイアとなってしまう。

 レースはそのまま首位サットンが余裕のクルージングでフィニッシュラインを通過してシリーズ2勝目をマーク。その10秒後方の2位にはディラン・オキーフ(Renault Sport GRM)が浮上し、3位には4番手スタートから一時2番手までポジションを上げたネイサン・ヘルネ(Gulf Western Oils)が入った。4位には2020年創設のTCRニュージーランド・シリーズを追うことが決まっている“kiwi”の新鋭、ジェイデン・ランズレー(Track Tec Racing)が続いている。

 続く15分間のレース2は前戦トップ20のリバースグリッドが採用されると、集団に飲み込まれたR1勝者サットンはターン1でアクシデントに巻き込まれ大きくポジションを失うことに。代わってこのレースを率いたのはタンダーとアーロン・キャメロン(Team Valvoline GRM)のふたり。

 初年度TCRオーストラリアでも対戦したふたりは、同じくレギュラー組のジョーダン・コックス(Garry Rogers Motorsport)を交えて三つ巴の首位バトルを展開し、ラップごとに目まぐるしく首位を入れ替えていく。

 さらに後方からはSuper3やV8ツーリングに参戦中の若手有望株ニック・キャロル(Melbourne Performance Centre)が迫り、レース1で5位入賞の勢いそのままに2台のGRM勢を仕留めると、これが初参戦とは思えぬ落ち着きぶりでパッシングを決め、2番手にまで上がってくる。

 しかし15分間のレースタイムでは首位タンダーに5秒届かず。現実世界でもMPCのアウディRS3 LMSで勝利を挙げている元バサースト1000ウイナーが仮想空間初勝利を挙げ、2位にキャロルが続きMPC勢がワン・ツーを達成。3位にオキーフ、4位にキャメロンのGRM勢が並ぶリザルトとなった。

 ARG eSports Cupの第3戦は、NASCARやインディカーも開催されるアメリカ西部を代表するトラック“ザ・グレン”ことワトキンスグレンを舞台に争われる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します