サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1エミリア・ロマーニャGP決勝:荒れたレースもなんのその。フェルスタッペン完勝でレッドブル・ホンダ今季初勝利。角田は受難の週末に

ここから本文です
 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースがイタリアのイモラ・サーキットで行なわれた。荒れ模様となった63周のレースを制したのはマックス・フェルスタッペンで、レッドブル・ホンダが開幕2戦目でシーズン初勝利を挙げた。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)とフェルスタッペンが激闘を繰り広げた開幕戦から3週間。昨年に続きイモラで開催されることとなったエミリア・ロマーニャGPを迎えた。予選でポールポジションを獲得したのはハミルトンだったが、セルジオ・ペレスとフェルスタッペンのレッドブル勢が僅差の2番手、3番手につけ、“ハミルトン包囲網”を形成した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン