サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーチン、ベッテルの”タイヤギャンブル”を全面支持「リスクを負わなければ、何も得られない」

ここから本文です

 アストンマーチンのオットマー・サフナウアー代表は、ウエットコンディションの中で行なわれたF1第16戦トルコGP決勝を振り返り、ピットストップで唯一スリックタイヤを選択したセバスチャン・ベッテルの判断を信じる他なかったと語った。

 レース中盤、ライバル勢がピットでインターミディエイトタイヤに交換する中、10番手を走行していたベッテルにもピットストップタイミングが近づいていることが知らされた。

■かつてオーストラリアGP開催のアデレード市街地コース、取り壊しの可能性。”遺産化”議論も反対の声

 レース36周目、路面状態が多少改善したことでスリックタイヤの投入を検討したチームは、ベッテルに賭けに出るかどうかを無線で尋ねた。

おすすめのニュース

サイトトップへ