サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 「人気レースクイーンを輩出し続けるFSW“クレインズ”」RQマニアは抑えておくべし!【東京オートサロン2020】

ここから本文です

「人気レースクイーンを輩出し続けるFSW“クレインズ”」RQマニアは抑えておくべし!【東京オートサロン2020】

富士スピードウェイの華「クレインズ」!

日本を代表する国際サーキット「富士スピードウェイ」。2019年も数多くのドラマが生まれましたが、それを一番近くから見続けてきたのが、2019年富士スピードウェイ・イメージガール「クレインズ」の第14期メンバー達です。

【東京オートサロン2020】イベントを彩るコンパニオン特集 Part.2 (CLUB RH9/t-get & WING-TAKEO & ART TECH HANATSUKA & JUN AUTO)

クレインズは、2006年より富士スピードウェイのイメージガールとして、サーキット内外で富士スピードウェイの魅力やレース観戦の楽しさをPRする女性達。主要レースの大会期間中、場内放送でのインフォメーション告知やピットウォーク、イベント広場ステージプログラムへの出演に加え、決勝レース直前のタイミングボード掲出など、様々なシーンで会場を盛り上げています。

過去には、2019日本レースクイーン大賞でクリッカー賞を受賞した永原芽衣さんをはじめ、数多くの有名レースクイーンを輩出。クレインズは3名で構成されるのが伝統で、例年は前年のメンバーを残して、新人が加入するのですが、第14期は全員新人という異例の年に。ちなみにメンバー総入れ替えは2013年以来のことです。

柊みずほさん、城戸ひなのさん、相田美優さんの3名は、今年サーキットにデビューしたフレッシュな女の子。もともとモータースポーツもそれほど詳しくなかったという彼女達に、昨シーズンの印象を聞いてみました。

もっとも小柄な城戸ひなのさんは「令和元年は、わたしのモータースポーツ元年でした」といきなり締めの言葉を。どのレースも印象に残っているそうで、モータースポーツにどっぷりハマったようです。




柊みずほさんも「はじめてのレースデビューで、どれも思い出に残っています。24時間レースとか大変だったなぁ」と振り返っていらっしゃいました。

相田美優さんも今年が初めてのモータースポーツ体験とのこと。さらにMCなどもされて、とても充実した1年だったそうです。

クレインズ14期メンバーの3名は東京オートサロン2020で卒業を迎えました。彼女達が来年もサーキットにいらっしゃるのかは不明ですが、また元気な笑顔でサーキットにいてほしいと思うのは筆者だけではないでしょう。

ちなみに今年の富士スピードウェイブースでは、場内宿泊の魅力をアピール。スーパーGTや24時間レースなどでは、キャンプをしながらの観戦が徐々に増えてきました。それをイメージしてか、展示車両も大型の4輪駆動車でアウトドア感を訴求。

また、近年エアーガンメーカーが出展することもあってか、レーシングカーのカラーリングをした銃の展示も。もちろん富士スピードウェイでサバイバルゲームをすることはできませんが、来場された方は「こういったものもあるのか」と感心して写真に収めていました。

来年は東京2020のロードレース開催地となる富士スピードウェイ。また新しい伝説や物語が生まれることは間違いないはず。ぜひサーキットに足を運んで、そのドラマをクレインズと共に見届けてはいかがでしょうか。

(重田信哉withぼっちまろん)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します