サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラシックF1のデモランは”リスク”になる……サインツJr.の複雑な心境

ここから本文です
 シャルル・ルクレールは、最近フェラーリのクラシックF1マシンをドライブする機会が多くあった。フィオラノでは、ジル・ビルヌーブの没後40年を記念し、1979年の『312T4』を走らせた。

 こちらはトラブルなく完了したが、トラブルが起きたのはモナコのヒストリックGP。ルクレールはニキ・ラウダが1974年にドライブした『312B3』でデモランをしたが、312B3の左フロントブレーキディスクが割れてしまったことで、ルクレールはスピンを喫してしまった。ラスカスのバリアにリヤからクラッシュしてしまったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ