サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高級でも環境に優しく! ジャガー・ランドローバーがプラスチック廃棄物を活用したインテリア素材を使用

ここから本文です

「ゴーストネット」を再利用した「エコニール」をフロアマットやトリムに活用

ジャガー・ランドローバーは、イタリアのアクアフィル社と協業。再生ナイロン糸「エコニール」を使用した、海や埋立地の廃棄物から作った高品質なインテリア開発を進めている。  

“オン”と”オフ”の切り替えも自由自在! プロカメラマンも認める「ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ」の多様性

次世代のジャガー・ランドローバーのモデルには再生工業用プラスチック、衣料品メーカーの生地の切れ端、養殖業界の漁網などいわゆる「ゴーストネット」と呼ばれる海に遺棄された漁網から作ったエコニール を使用したフロアマットやトリムを採用するという。

おすすめのニュース

サイトトップへ