サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD「開幕戦で2台のマシンにトラブルもPUにはダメージなし。今度こそ好結果を」第2戦プレビュー

ここから本文です

 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGPで、ホンダはポジティブな結果を出すため、レッドブル・レーシング、アルファタウリの2チームと共に準備を進めている。

 開幕戦オーストリアGPではレッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンのマシンに電気系統のトラブルが発生し、リタイア(アルボンは13位完走扱い)、アルファタウリのダニール・クビアトはレース残り1周のところで左リヤタイヤがパンクし、レースを終えた。ピエール・ガスリーは7位を獲得、ホンダ勢唯一の入賞を果たした。

ホンダF1甘口コラム オーストリアGP:最新仕様のPUにレッドブルも好感触。信頼性の確保でさらなる飛躍を

 第2戦シュタイアーマルクは同じレッドブルリンクで開催される。

おすすめのニュース

サイトトップへ