サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > BMW、電気自動車「コンセプトi4」をジュネーブショーで世界初披露。ボディはエンジン搭載モデルと共通化

ここから本文です

BMW、電気自動車「コンセプトi4」をジュネーブショーで世界初披露。ボディはエンジン搭載モデルと共通化

BMWは、3月3日に開幕するジュネーブモーターショーで、「コンセプトi4」を世界初披露すると明らかにした。

電動駆動車「i」シリーズの展開を進めるBMW。このたび披露される「コンセプトi4」は、将来登場する「i4」の方向性を示すもの。そのデザインを予告する映像が公開された。

ここから推測できるのは、「コンセプトi4」は、EV専用ボディを特徴としていたこれまでの「i3」や「i8」と異なり、ボディが内燃機関エンジン搭載の標準モデルと共通化されるということ。そのシルエットは、2019年のフランクフルトモーターショーで披露された「コンセプト4」(次期4シリーズグランクーペのコンセプトカー、写真3~7枚目)と基本同じだ。

パワートレインは、ピュアEVとのこと。性能を示すスペックデータは公開されておらず、詳細の発表を待ちたい。

BMWのコアシリーズに電動化したパワートレインが搭載されるということは、EVが特別なものではなくなるということ。今後、最新のEVパワートレインが3シリーズやその他のモデルにも展開されていくだろう。

「コンセプトi4」はその序章となる。ジュネーブモーターショーでのお披露目を楽しみに待ちたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します