サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニュルブルクリンクが3月に亡くなったザビーネ・シュミッツに敬意を表しT13コーナーに命名

ここから本文です
 2021年3月21日、2017年からがんと闘病し、51歳の若さで亡くなったレーシングドライバーであり、フリカデッリ・レーシングの共同オーナーでもあったザビーネ・シュミッツ。名実ともに『ニュルの女王』として君臨した彼女に敬意を表し、ニュルブルクリンクはグランプリコースからノルドシュライフェに入るトリビューン13を『Sabine-Schmitz-Kurve(ザビーネ・シュミッツ・カーブ)』と名づけた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン