サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】アロン・カネット、2020年にMoto2昇格。アンヘル・ニエト所属へ

ここから本文です

【MotoGP】アロン・カネット、2020年にMoto2昇格。アンヘル・ニエト所属へ

【MotoGP】アロン・カネット、2020年にMoto2昇格。アンヘル・ニエト所属へ

 2016年からMoto3への参戦を開始し、クラス4年目のシーズンを過ごしているアロン・カネット(ステリガルダ・マックス・レーシングチーム)が、2020年にアンヘル・ニエト・チーム(旧アスパー)に加入してMoto2へ昇格することが明らかとなった。

 カネットは今季既に2勝を挙げてランキング2番手につけており、首位のロレンソ・ダラ・ポルタ(レオパード・レーシング)とはわずか1ポイント差の状況と、シーズン折返しを経てもなお白熱した争いが続いている。

■テック3がMoto2から撤退しMoto3参戦へ。KTMに歩調合わせる

「Moto2へのステップアップにはとてもワクワクしているよ」とカネットは語った。

「4年間をMoto3で過ごして、今の僕はタイトルを争っているけど、ステップアップをアンヘル・ニエト・チームとともにすることを決めた。ホルヘ・マルティネス”アスパー”(※マルティネスの愛称)はモーターサイクルにおける象徴であり、彼と彼のチームは僕が望んだ全て……地元チーム、そして家族的な環境をオファーしてくれた」

「多くのタイトル、勝利や表彰台を獲得してきて名高いアンヘル・ニエト・チームに参加できとても嬉しい。彼らは豊富な経験を持っており、僕のキャリアを進ませるために必要な多くの助言が可能なんだ」

 アンヘル・ニエト・チームは今年、2014年にMotoGPへ注力するために撤退して以来5年ぶりにMoto2へ復帰した経緯がある。

 ライダーにはジェイク・ディクソンとジャビ・カルデラスを起用したが、KTMシャシーの苦戦傾向も手伝い、これまでの獲得ポイントは「4」に留まっている。

 また、KTMがMoto2撤退を決定したこともあり、来シーズンのアンヘル・ニエト・チームのシャシーパートナーに関しては未定の状況でもある。そしてカネットの加入により、ディクソンとカルデラスのどちらが来シーズンのシートを失うかは明らかになっていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します