サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルシェvsフェラーリ、6時間続いた空前の接近戦「受け入れ難い2位」とAFコルセのカラド/WECモンツァ

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権のLMGTEプロクラスにAFコルセ51号車フェラーリ488 GTE Evoで参戦しているジェームス・カラドは、7月18日に行なわれた第3戦モンツァ6時間レースにおいてポルシェGTチームの92号車ポルシェ911 RSR-19(ケビン・エストーレ/ニール・ジャニ)との激しいトップ争いに敗れて2位となったことを、「受け入れ難い」と表現した。

 今季のLMGTEプロクラスは、フェラーリ2台、ポルシェ2台の争いとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン