サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディ500決勝前最後のプラクティス走行はポールのディクソンがトップ。巻き返しを狙うペンスキー勢は上位に

ここから本文です

 30日に決勝レースが開催される第105回インディアナポリス500マイルレース。28日に決勝前最後のプラクティス走行が行われ、ポールポジションを獲得しているスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)がトップスピードを記録した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、94周を走行し9番手だった。

琢磨は最終プラクティスで9番手【順位結果】第105回インディ500カーブデイ総合結果

 朝に降った雨の影響でコースを乾かし、2時間37分遅れで走行が始まったカーブデイのプラクティス走行。決勝レース前の最後の走行となり、予選を通過した33台が走行を重ねた。

おすすめのニュース

サイトトップへ