サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国交省、保安基準改正でバックモニターなどを義務化 新型車は2022年5月から

ここから本文です

国交省、保安基準改正でバックモニターなどを義務化 新型車は2022年5月から

国交省、保安基準改正でバックモニターなどを義務化 新型車は2022年5月から

 国土交通省は9日、バックモニターなど「後退時車両直後確認装置」の標準化と電動車の安全対策の強化に向けた保安基準の改正を公布したと発表した。電動車の安全対策は同日、後退時確認装置は10日に施行する。

 新基準の適用は後退時確認装置が新型車で2022年5月、継続生産車が24年5月。電動車の安全対策は新型車が23年9月、継続生産車で25年9月からとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します