サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2年ぶりの2位表彰台を獲得したレイホール「イエローで僕たちの戦略は打ち消されてしまった」

ここから本文です

 インディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで開催されたNTTインディカー・シリーズ第2戦GMRグランプリ。レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのグラハム・レイホールは優勝を争い、久々の2位フィニッシュを果たした

 予選4番手から決勝レースに挑んだレイホールは、1回ピットインを少なくする2ストップ作戦を選択。一時は、スポット参戦したチームメイトのスペンサー・ピゴットと1-2体制で走行し、勝利へとまい進したがスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)の後半のペースに着いていけず2位フィニッシュとなった。

【アメリカ・シカゴから特別寄稿】米国モータースポーツの実情。いち早くレースを再開したNASCARに再び暗雲か

「この戦略は完璧に機能したと思った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン