サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスチームF1撤退説に代表が反論「マニュファクチャラーにとって今は離脱すべき時ではない」

ここから本文です

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、F1の現在の成長と、新時代の到来が約束されている状況を考えれば、今マニュファクチャラーチームがF1から撤退するのは間違いであると考えている。

 2021年からF1は、レースの見応えを改善し、参戦チーム間の実力差を公平にするために、新レギュレーション基盤を導入する。

ハミルトン、フェラーリとの話し合いを否定せず「将来について、早急な判断はしない」

 各チームはすでに2021年の技術ルールを調査し始めているが、チームとF1間の商業協定についてはまだ確定されていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ