サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「サインツJr.との接触は僕のミス」フェラーリのベッテル、”うまくいかなかった”開幕戦を振り返る

ここから本文です
 フェラーリのセバスチャン・ベッテルにとって、2020年のF1開幕戦オーストリアGPは、厳しいレースとなった。予選Q2を突破できず、決勝レースを11番グリッドからスタート。途中マクラーレンのカルロス・サインツJr.と接触し、スピンするシーンもあった。ただ、多くのマシンがリタイアしたことなどにも助けられ、結局10位に入賞し1ポイントを手にすることができた。

 一方でチームメイトのシャルル・ルクレールは、マシンのパフォーマンスこそベッテル同様に厳しいモノだったが、乱戦を戦い抜き、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に科されたタイムペナルティの助けも受け、2位表彰台を手にした。

おすすめのニュース

サイトトップへ