サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最高峰の舞台でヤリスWRCが大接戦「本当に夢のような話」【豊田章男オーナーコメント全文】

ここから本文です
 イタリア北部のモンツァ・サーキットを中心に11月18日から21日にかけて開催されたWRC世界ラリー選手権第12戦『ラリー・モンツァ』。現行WRカーの“ラストイヤー”となる2021年シーズンの最終戦となったこのラリーでは、ドライバー選手権およびコドライバー選手権、そしてマニュファクチャラー選手権の3タイトルを懸けた戦いが繰り広げられ、トヨタ・ヤリスWRCを駆るセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組が優勝で通算8回目の王者獲得を決め、TOYOTA GAZOO Racing WRTがマニュファクチャラーズタイトルを獲得。トヨタは1994年以来、27年ぶりとなるシーズン3冠を成し遂げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン