サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本唯一のレアパトカーから謎のバスまで 全国からご当地警察車 新国立競技場で警備に

ここから本文です

“万一”が起きないよう最大規模の警備態勢

 東京オリンピックの開幕を前に、2021年7月19日(月)、都内を中心として大規模な交通規制が始まりました。メイン会場となるオリンピックスタジアム(新国立競技場)周辺は、道路封鎖も含む厳重な警備態勢が敷かれています。

まだ現役!? 「スカイラインGT-R」パトカー 伝説の直6エンジンを積む希少車のいま

 警察庁の発表では、東京オリンピック・パラリンピックの警備に約6万人の警察官が従事するとのこと。これは過去最大規模の警備態勢だといいます。すでに東京には全国から応援の警察官が入っており、「大阪府警」を始めとして「○○県警察」と記されたパトカーが都心を走り回っています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン