サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “イオタ”の名を冠した最新スーパーカー、『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開

ここから本文です
 11月21日(水)、神奈川県横浜市で『Lamborghini DAY JAPAN 2018』が開催され、同社の最新スーパースポーツカーである『ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ』がアジア初公開された。

 2018年8月に世界初公開されたアヴェンタドールSVJは、6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/h以上を誇るスーパーカー。ランボルギーニが特許を持つアクティブ・エアロダイナミクス・システム“ALA2.0”が盛り込まれたほか、カーボンファイバー製パーツが多く採用されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ