サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 母国レースを迎えたハミルトンが意地の最速タイムを記録。角田裕毅は無念のQ1脱落【予選レポート/F1第10戦】

ここから本文です

 7月16日現地時間18時、F1第10戦イギリスGPの予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 晴天に恵まれて気温は25度、路面温度は40度というコンディション。風は時折強く吹き、マゴッツ~ベケッツ~チャペル~ハンガーストレートで追い風が吹いている。

【順位結果】F1第10戦イギリスGP予選

 スプリント予選が導入されるこの週末は、FP1の60分間の走行のみでこの予選に臨み、ここから先はパルクフェルメ状態となり基本的なセットアップやマシン仕様の変更が許されない。

 Q1の開始直後から各車がコースインしソフトタイヤでアタックを開始していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン