サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2021年にアストンマーティンF1チームが誕生。レーシングポイントのオーナーが株式取得、チーム名を変更へ

ここから本文です

2021年にアストンマーティンF1チームが誕生。レーシングポイントのオーナーが株式取得、チーム名を変更へ

2021年にアストンマーティンF1チームが誕生。レーシングポイントのオーナーが株式取得、チーム名を変更へ

 カナダの富豪でレーシングポイントF1チームの共同オーナーであるローレンス・ストロールが、イギリスの高級スーパーカーメーカー、アストンマーティンの株式約20パーセントを取得することが決まった。これによりレーシングポイントは、2021年に『アストンマーティン』に名称を変更することになった。

 ストロールが率いるコンソーシアムが1億8200万ポンド(約261億円)を出資したという。ストロールは、ペニー・ヒューズに代わり、アストンマーティンのエグゼクティブチェアマンのポジションに就く。

レーシングポイントF1代表、ストロールのポテンシャルに期待「速く走る方法を教える必要はない」

 2019年終盤からストロールがアストンマーティンの株式取得に関心を持っているという報道はなされていた。アストンマーティンは業績不振に苦しんでおり、同社のスポークスマンは、資金調達のための選択肢を探っていることを認めていた。

 ストロールがアストンマーティンの株式を取得したことで、レーシングポイントの名称は、2021年に『アストンマーティン』に変更される。アストンマーティンとレーシングポイントは5年間にわたるスポンサー契約を結んだという。

 一方、アストンマーティンは、レッドブル・レーシングとのタイトルスポンサー契約を2020年末で打ち切ることも明らかになっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します