サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 7月分 前編

ここから本文です

【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 7月分 前編

アストン マーティンDBX

アストン マーティン初のSUVとなるこのDBXは、2018年の上場以来、激動の時期を迎えている同社が、過去10年間で最も期待を寄せるモデルだ。

【画像】アストン マーティンDBX、アストンマーティン・ヴァンテージ・ヴォランテ、ホンダ・ジャズ(フィット)、ジープ・グラディエーター、ランボルギーニ・シアンFKP 37【7月の新しいモデル】 全68枚

CEOのアンディ・パーマーは、DBXが投資家やアナリストを安心させ、同社の中期計画である「セカンドセンチュリープラン」を、次の段階へと進ませるための、極めて重要なモデルとなると述べている。

同社は、2021年までにDBXを年間1万台販売し、ブランドのベストセラーモデルにすることを目標としている。

5人乗りの四輪駆動は、550psを出力する、AMG製の4.0LターボV8を搭載し、英国での販売価格は15万8000ポンド(2100万円)となる。

今後、プラグインハイブリッドを含む、他のパワートレインの追加が期待されている。

アストン マーティン・ヴァンテージ・ヴォランテ

アストン マーティンは、ポルシェ911カブリオレに続き、ヴァンテージのコンバーチブル・バージョンを投入する。

やや重量のあるこのモデルには、クーペと同じAMG派生の510psのV8が搭載され、低目のフロントグリルと、「ダックテール」形状のリア・スポイラーも引き継がれている。

ヴァンテージ・ヴォランテの、英国での販売価格は約13万500ポンド(1700万円)からと予想されている。

アウディS3

アウディの次期S3ホットハッチバックには、300ps以上を出力する、VWグループのEA888 2.0Lターボのアップレートバージョンが搭載される。

インテリアにも、大幅なテクノロジーのアップグレードが予定されている。

エンジンを共有するTTSスポーツカーの兄弟モデルと同様に、ガソリン微粒子フィルターを装着し、7速デュアルクラッチATのみでの提供となる可能性がある。

ホンダ・ジャズ(日本名:フィット)

英国における、ホンダのベストセラーモデルの第4世代は、スタイリングが改良され、ハイブリッド・パワートレインのみでの提供となる。

CR-V SUVのデュアルモーター・ハイブリッドシステムのダウンサイズバージョンを搭載する。

仕様はまだ明らかにされていないが、同社は「パワフルかつ快適な走行性能と優れた燃費性能」を提供すると述べている。

ジャガー Fペイス

新しいSUVには、Iペイスに最初に採用されたシステムを引き継いだ、新しいマイルドハイブリッド・エンジンが導入される。

カモフラージュが施されたプロトタイプからは、スリムなヘッドライトやブレーキライトなど、アップデートされたFタイプのデザインとの共通点を見ることができる。

上昇するベルトラインや、軽快なルーフラインなどの特徴が継続されており、大幅なスタイリング変更はなさそうだ。

ジープ・グラディエーター

1992年の発売以来、ピックアップの絶大な人気を誇る米国市場の外に、ほとんど出されていなかった、このジープ初のトラックが、英国で発売されることとなった。

グラディエーターは、4ドアのラングラーSUVよりも約800mm長く、725kgの積載能力と、4.4トン近くの牽引能力を誇る。

ランボルギーニ・シアンFKP 37

ランボルギーニ史上最も加速性能に優れたハイパーカーは、初のハイブリッドモデルとなる。

長年VWグループを率いてきた、故フェルディナント・ピエヒに敬意を示し、FKP 37と名付けられた、そのモデルのラインナップの一部にはV12が継続される。

785psを発揮する、同社のV12自然吸気エンジンのアップグレードバージョンに、48V電気モーターを組み合せて、合計820psを出力する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します