サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、F1タイヤトラブルの調査報告に不満「チームに責任転嫁すべきではない」とピレリを批判

ここから本文です
 F1第6戦アゼルバイジャンGPでのタイヤトラブルについてピレリが調査結果を発表したことを受け、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームはすべてのガイダンスに従って行動しており、自分たちに責任はないとして、ピレリは自身の問題点に目を向けるべきだと批判的な発言を行った。

 決勝中にフェルスタッペンとランス・ストロール(アストンマーティン)の左リヤタイヤが壊れた問題について、ピレリは今週、調査報告書をFIAおよびチーム側に送るとともに、声明を発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン