サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2に5人を送り込むも、F1のシートに空席なし。“人材過多”のフェラーリ育成が抱える問題

ここから本文です
 2020年シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響で開幕が3月から7月に延期されたが、その間に2021年に向けた移籍市場は大きく動くこととなった。セバスチャン・ベッテルがフェラーリを離脱し、その後釜としてカルロス・サインツJr.が加入、そしてサインツJr.移籍によって空いたマクラーレンのシートは現ルノーのダニエル・リカルドが確保……2021年はドライバーラインアップが大きく変わることが確実視されている。

 この一連の動きは他のドライバーにも影響を与えることになるだろうが、それはジュニアカテゴリーを戦う若手ドライバーにも言えることだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン