サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツJr.、最後尾から追い上げ8位入賞「PU交換のダメージ最小限! 良い1日だった」

ここから本文です

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1トルコGPの決勝レースを8位でフィニッシュした。パワーユニット(PU)を交換し、最後尾グリッドからのスタートとなりながらもポイントを手にできたことは、十分すぎる結果だと言えるだろう。

「とてもポジティブな1日だったと思う」

■ステイアウトで一時首位走行も作戦失敗……しかしルクレールに後悔なし「あれはギャンブルではなかった」

 サインツJr.はそう語った。

「PU交換によるペナルティのダメージを最小限に抑えることが目標だった。本当に良いペースでポジションを上げ、オーバーテイクもすることができた。最初のスティントでは乾いた走行ラインが存在しなかったから、オーバーテイクができた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン