サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「走る芸術品」はモデルカーになっても異彩を放っていた! デアゴスティーニより「フェラーリ 250 GTOをつくる」が登場

ここから本文です

 この記事をまとめると

■デアゴスティーニ・ジャパンから1/8スケールで組み立てる『フェラーリ 250 GTOをつくる』を発売

付属のハンマーとヒビの入った窓ガラスにより有名なシーンも再現可能! テスラ・サイバートラックが組み立てブロックのMEGAコレクターズになった

■完成サイズは全長552×全幅217×高さ151mmというビッグスケール

■申込受付期間は2022年5月17日~2022年9月30日

 全てがリアルに再現された「走る芸術品」は1000セット限定発売!

 これまでに様々なスポーツカーやスーパーカーなど、クルマの組み立てモデルを出してきたデアゴスティーニ・ジャパン。

おすすめのニュース

サイトトップへ