サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ベッテル、2021年の就職先探しは八方塞がり? 「選択肢にない!」とレーシングポイント代表

ここから本文です

 レーシングポイントのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、2021年のドライバーラインアップについて、現フェラーリのセバスチャン・ベッテルの座るシートは存在しないと語り、移籍の可能性を否定した。

 フェラーリは来季、長年在籍してきたベッテルを継続起用しないことを発表。そのためベッテルは来季も現役を続けたい場合にはシートを見つける必要がある。

■レッドブル、ベッテル復帰は「絶対にない」と断言。アストンマーチン移籍か休養を勧める

 古巣のレッドブルに戻るのではないかという噂もあったが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が「絶対にない」とまで否定しており、レーシングポイントに移籍するか1年間の休暇を取るかが選択肢ではないかと語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ