サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元F1ドライバーのウエーバー、フェルスタッペンの好走を評価も「レッドブルはメルセデスのペースに対処すべき」

ここから本文です

 元F1ドライバーのマーク・ウエーバーは、2021年F1第16戦トルコGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がバルテリ・ボッタス(メルセデス)に敗れたことを受けて、レッドブルは直ちにメルセデスの優れたペースに対処する必要があると述べている。

 難しいコンディションの時はいつも際立っているフェルスタッペンだが、イスタンブール・パークではメルセデスとボッタスの優位を崩すポジションに立つことはなかった。

レッドブル・ホンダF1がフィルミングデー走行を実施。トップスピードが優れたメルセデスへの対抗策を探る

 トルコでフェルスタッペンに唯一プラスに働いたのは、日曜日のレースで最大のライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)が5位でフィニッシュしたことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン