サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2で若手が活躍中も……2021年のドライバーに“大ベテラン”のアロンソを選んだルノー「育成ドライバーを軽視している訳ではない」

ここから本文です
 ルノーは2021年、マクラーレンに移籍するダニエル・リカルドの後任としてフェルナンド・アロンソを起用することを発表した。2度のF1チャンピオン経験者の古巣へのカムバックは大きな衝撃をもって報じられたが、これは同時に、ルノーの育成プログラムであるルノー・スポール・アカデミーの面々のF1昇格が最短でも2022年まで持ち越しとなったことを意味する。

 今季、ルノー・スポール・アカデミーからは、周冠宇とクリスチャン・ルンガーというふたりの若手ドライバーがFIA F2に参戦している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン