サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 眩しすぎるヘッドライトは取り締まり対象外!? DIYでのバルブ交換のリスクとは

ここから本文です

■問題視される「眩しすぎるヘッドライト」

 最近、ヘッドライトがとても明るいクルマを見かけることが増えました。

クルマに貼られたシールは剥がしちゃダメ? 罰金50万円が科されるケースとは

 これには、いままでの「ハロゲン」だけでなく、より明るく省電力の「HID」や「LED」を採用するクルマが増えたことが関係しています。

 さらにカー用品店なども社外品の「HID」や「LED」が販売されており、通常のバルブを交換する感覚で取り付けられるようになったことも影響しているのでしょう。

 しかし、この明るすぎるヘッドライトが近年は問題視されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン