サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーティンF1、ベッテルの2位を諦めず。失格裁定に対する上訴および再審請求手続きを開始

ここから本文です
 アストンマーティンF1チームは、F1第11戦ハンガリーGP決勝を2位でフィニッシュしたセバスチャン・ベッテルを失格とする裁定に対し、上訴の手続きを開始するとともに、再審査権の要請を行うことを明らかにした。

 F1技術規則では、グランプリ期間中には、マシンから常に1.0リットルの燃料サンプルを抽出できる状態でなければならないと定められている。ハンガリー決勝をフィニッシュした後、ベッテルはコース上にマシンをとめた。ピットに戻されたマシンからは0.3リットルの燃料しか抽出できなかったため、スチュワードはベッテルを失格とすることを決めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ