サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【選ぶなら四駆のVT】ランボルギーニ・ディアブロ 5.7L V12の魔力 英国版中古車ガイド

ここから本文です

【選ぶなら四駆のVT】ランボルギーニ・ディアブロ 5.7L V12の魔力 英国版中古車ガイド

当時最速のイタリアン・スーパーカー

執筆:John Evans(ジョン・エバンス)

【画像】ザ・スーパーカー ランボルギーニ・ディアブロ 初代と最新のカウンタックも 全83枚

翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)


華々しく復活を遂げた、ランボルギーニ・カウンタック。その記事を読んで、初代カウンタックの後継モデル、ディアブロを思い出したという読者もいらっしゃるだろう。

ランボルギーニ・ディアブロは、1990年に販売が始まった。クーペとロードスターのボディスタイルが選べ、エンジンは5.7LのV型12気筒をミドシップ。当初の最高出力は492psを誇った。

0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は325km/hと、カタログ上では当時最速の量産車だった。運転は難しく実用性に欠けるが、存在感はとてつもない。ディアブロは典型的なイタリアン・スーパーカーだ。

すでに30年ほど経つ希少なモデルだが、取引価格は想像するほど跳ね上がっていない。執筆時に、1993年式のディアブロが12万5000ポンド(1900万円)で売られているのを英国で見つけた。だが走行距離は約9万6000kmと、この手としては異常に多い。

売り手によれば、路上を走れる状態にするため1万1000ポンド(167万円)を投じているという。ただし、ディアブロには多くの種類が存在する。この例はノーマル・モデルだった。

1990の登場から、アウディがランボルギーニを傘下に収める1998年までの間に、ディアブロには複数の仕様のエンジンが投入されている。5.7LのV型12気筒という基本は変わらないけれど。

ノーマルの後輪駆動のディアブロと、四輪駆動のVTの最高出力は、前述の通り492ps。だが後輪駆動のSVでは517psに引き上げられ、同じくSE30では530psを獲得している。さらにSE30イオタでは、603psにまで増強された。

スペースフレームにアルミ製のボディ

SE30は、1993年のランボルギーニ30周年を記念して発表された、いわばロードリーガル・レーサー。さらにパワフルでサーキット専用モデルとなったSE30イオタは、台数限定のディアブロ最強モデルだった。公道には出られないが。

1999年にフェイスリフト。リトラクタブル・ヘッドライトが固定式になり、新しいメーターパネルを備える、新デザインのダッシュボードが与えられている。

同時に5.7Lエンジンには可変バルブタイミング機構が追加。SVとVTの最高出力は535psへ向上している。サーキットに軸足をおいたディアブロGTの登場で、SE30は交代。GTには、583psを発揮する6.0L V12エンジンが載っている。

アウディの傘下となったランボルギーニは、アップデートしたディアブロVTをリリース。大きなエアインテークが開けられたフロントノーズと、専用デザインのOZ社製18インチ・アルミホイールを獲得している。

このVTにはGTが搭載する6.0Lユニットが転用され、558psを発揮した。さらにVT SEで、ディアブロの最後を飾っている。

すべてのディアブロに組まれたトランスミッションは、5速MT。ボディはスチール製のスペースフレームに、アルミニウム製のパネルが組まれている。エンジンカバーやボンネット、サイドシル、バンパーなどはカーボンファイバー製だ。

サスペンションはウイッシュボーンにスプリング、アンチロールバーという組み合わせ。リアのコイルは片側2本という内容だった。

ドライビングマナーに優れる四輪駆動のVT

ディアブロVTのサスペンションには、4モードから選べるアクティブ・システムを採用している。さらに四輪駆動システムは、最大で25%までエンジンのトルクを前輪に伝えることを可能としていた。

パワーステアリングも装備され、多くの人はドライビングマナーに優れるVTを選びたがる。クーペと同等の剛性感を持つ、VT ロードスターも探せば見つかるだろう。

一般的な所有履歴と走行距離で、不備ない整備記録を持つ状態の良いディアブロは、15万ポンド(2280万円)位からが英国の相場。V型12気筒のエキゾチックモデルとしては手頃といえ、最新のカウンタックよりも遥かに安い。

専門家の意見を聞いてみる

カール・ヴェルディ:ヴェルディ・フェラーリ社代表

「技術的な面では、ディアブロには悩みどころが少なくありません。アクセルペダルはスプリング式で重く扱いにくく、初期のクラッチペダルも重く、すぐに疲れると思います」

「ディアブロは速く走らせるのも簡単ではありません。現代のホットハッチへ簡単に追い越されるでしょうね。幅の狭い郊外の道では、すり抜けるだけで一苦労。しかし、見た目は素晴らしい。雷鳴のように轟くサウンドも」

「ベストは四輪駆動のVTです。パワーステアリングが付きクラッチも軽く、運転は楽なはず。後輪駆動より安全性も高く、挙動も予想しやすいと思います。探すなら、より扱いやすいフェイスリフト後。大きなブレーキに、小さなダッシュボードが特徴です」

購入時に気をつけたいポイント

エンジン

エンジンを始動させ、アクセルオフでガラガラと異音が出ないか確かめる。タイミングチェーンが伸びている可能性がある。シール材が劣化し、エンジンブロックとサンプの間からオイル漏れすることがある。

バルブ・クリアランスは、2万9000km毎のチェックが求められる。エンジンを下ろす必要があり、作業費は高い。

ラジエターの状態と、冷却ファンが正しい温度で回転するか確認する。後期モデルに付く可変バルブタイミング機構は、劣化したオイルが原因でシステムに不具合が出ることも。

トランスミッション

シングルプレート・クラッチの寿命は、長くても4万km。初期のディアブロでは、スレーブシリンダーのプルロッドが壊れやすい。後期モデルではプッシュロッド式に交換されており、信頼性は上がっている。

トランスミッション自体も不具合を抱えがち。シフトレバーは、ゲートに入る時にスナップするような音を立てることがある。

ステアリングとブレーキ、サスペンション

初期のディアブロのブレーキは効きが弱い。シャシー側のウイッシュボーン・ブッシュは壊れやすい。交換費用は安くない。

リアのダンパーは大きなエンジンの重量を支え、放たれる熱で劣化が早い。定期的な交換が必要となる。

ボディ

工場での製造管理が不十分だったため、スチール製のシャシーとアルミ製のボディが触れる部分で、ガルバニック腐食が発生する場合がある。特にドアの下部やホイールアーチ、荷室のフロア、燃料キャップまわりは確認ポイント。

インテリア

車高が低いディアブロだから、乗り降りで内装は擦れやすい。スイッチ類やサイドシルの傷にも注意。レザー内装は品質が高いとはいえず、バラけてしまうこともある。

知っておくべきこと

初期のディアブロには油圧タイミングチェーン・アジャスターが備わっており、チェーンが切れるほどテンションを強く効かせる場合がある。1994年以降のディアブロには、信頼性の高い機械式アジャスターが採用されている。

機械式のアジャスターは前期モデルにも付けることが可能で、現存する多くは交換済みと思われる。購入時は、忘れずに確認したいポイントだ。

英国ではいくら払うべき?

10万5000ポンド(1596万円)~14万9999ポンド(2279万円)

1990年から1994年の初期のディアブロが英国では見つかる。整備記録の一部が欠け、状態の良くないディアブロから、整備済みで内容の悪くないものまで幅広い。

15万ポンド(2280万円)~19万9999ポンド(3039万円)

価格が増えるほどに、状態も良くなってくる。走行距離も短めになる。

20万ポンド(3040万円)以上

走行距離の短いSVや、ロードスターなど選べる範囲が増える。走行距離3万3800kmの2001年式VT 6.0で、23万4950ポンド(3571万円)という例があった。

英国で掘り出し物を発見

ランボルギーニ・ディアブロ 登録:1992年 走行距離:4万200km 価格:14万9000ポンド(2264万円)

走行距離は短めで、オーナーの履歴もはっきりしており、整備記録の内容も素晴らしい。抑えたい内容を揃えている。しかし個人売買ということで、事前の点検は必要だろう。除湿機能付きのガレージに保管され、コンディションはかなり良さそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します