サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ケビン・マグヌッセン、IMSA第4戦で“8年ぶり”勝利! 「特別な気分だ」と噛みしめる

ここから本文です

 2020年シーズン限りでハースF1のシートを失ったケビン・マグヌッセン。2021年は戦いの場をアメリカのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権へと移すことを選んだ。

 デトロイトのベル・アイル・ストリート・サーキットで行なわれた通常よりも短い1時間40分のレースにおいて、マグヌッセン/ランガー・バン・デル・ザンデ組の1号車 DPi-V.Rはポールポジションを獲得。決勝ではそのポジションを守りきって優勝を果たした。

【インディカー】デトロイトを制したエリクソン、GP2以来8年ぶりの勝利に「この感覚が懐かしくてたまらない…!」

 この勝利はマグヌッセンにとって、実に8年ぶり。2013年のフォーミュラ・ルノー3.5シリーズ以来のものだったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン