サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【冬はスタッドレスを履けば安心……じゃない!】憶えておかないと危険を招くサマータイヤに「劣る」ポイントとは

ここから本文です

【冬はスタッドレスを履けば安心……じゃない!】憶えておかないと危険を招くサマータイヤに「劣る」ポイントとは

 スタッドレスタイヤは意外にもウエット路面に弱い!

 今年の冬は暖冬と言われていても、いつ降るかわからないのが雪。東京でもある日突然ドカ雪が降り、サマータイヤを履いたままのクルマが路上で立ち往生している映像をニュースなどで見た経験もあるはず。

スタッドレスタイヤは「安いものを毎年買う」or「高価なものを数年使う」どちらが正解?

 そこで、クルマの冬支度として欠かせないのが、スタッドレスタイヤ。ホイールとセットで準備しておくのが正解で、新車ディーラーやタイヤ屋さんによっては、使わない時期に保管してくれる有料サービスもあるから便利だ。

 1)ウエット路面に注意

 ところで、すでにスタッドレスタイヤに履き替えているとして、注意したいのが、スタッドレスタイヤは雪道を走るために特化したタイヤであり、意外かもしれないが、普通のタイヤ、つまりサマータイヤと比較して、舗装路の雨、ウエット路面には弱いタイヤなのである(横断歩道などのペイント路面やマンホールはとくに!)。

 スタッドレスタイヤは溝が深く、ギザギザしているので、一見、雨にも強そうだが、スタッドレスタイヤのブロックパターンは、サマータイヤと比較して溝が狭いことが多く、また寒さのなかで硬くなりにくい、柔らかいゴムを使っているため、サマータイヤと比べ、水を弾き飛ばす性能、水の排水性で劣るのである。

 つまり、サマータイヤでも豪雨などの際に起こりやすい、ステアリング操作やブレーキが効きにくくなるハイドロプレーニング現象が起きやすくなるというわけ。スタッドレスタイヤを装着しているときにウエット路面を走る際は、スピードを落とし、よりスムースな運転を心掛けてほしい。

 ドライ路であっても走行できる速度はサマータイヤより低い

 2)タイヤの最高速度表記をチェック

 冬、準備万端にスタッドレスタイヤを装着したとしても、都会ではいつも雪道を走るわけではないはず。あるいは、スキー場などを目指すドライブでも、目的地近くまではドライ路面だったりするケースがほとんどだろう。

 しかし、高速道路をサマータイヤのようなつもりで飛ばすのはマズイ。タイヤサイズの最後に記されているアルファベットは、走行可能な最高速度で、サマータイヤのHは210km/h、Vは240 km/hといった規格だが、スタッドレスタイヤの多くはQ、つまり最高速度160 km/hなのだ。まさかそんなスピードで走る人はいないと思うが、とにかく、スタッドレスタイヤはサマータイヤより走行可能な最高速度が低く設定されていることを肝に銘じたい。

 3)スタッドレスタイヤの賞味期限

 サマータイヤでも、スタッドレスタイヤでも、ゴムを使っているため、いつまでも使い続けられるわけではない。トレッド部分がすり減り、溝がなくなりかけているようなタイヤで走ればスリップを誘発。危険、極まりない。

 そこで、愛車のタイヤの交換するタイミングをはかる第一の目安がスリップサイン。タイヤのサイドウォールにある▲マークの奥にある突起のことで、それが見えたら交換のタイミング。安全のためにも、即刻、交換すべきである。

 また、スタッドレスタイヤは溝の深さが50%以下になると、冬用タイヤとして使えないことも覚えておいてほしい。こちらはスリップサインとは別のプラットフォームと呼ばれるもので、スタッドレスなどの冬用タイヤのトレッド面に設けられた使用限度を示すサイン。新品タイヤの摩耗が50%に達すると現れる。プラットフォームの位置はサイドウォール部の↑が目印だ。

 そして、あまり履いていないからと言って、何年も保管したスタッドレスタイヤを履くのもよくない。そもそもスタッドレスタイヤはゴムのやわらかさで雪道を安全に走り、止まれる機能を持っているのだが、そのゴムが経年変化によって硬化してくると、本来の性能を発揮できず、そもそも滑りやすい雪道などではかなり危険なのである。

「あれ、うちのスタッドレスタイヤ、いつ買ったっけ」という人は、タイヤのサイドウォールに記されている、シリアルと呼ばれる4桁の数字をチェックしてほしい。例えば、2216なら、2016年の22週目に製造されたタイヤということになる(2000年以降の製造タイヤ)。紫外線や雨風に当たっている屋外保管のタイヤは、ゴムの劣化を早めるので要注意である。

 交換時期は、あまり走っていなくても約3年と言われていて、とくにドライ路面、ウエット路面ばかり走っていたスタッドレスタイヤは劣化が早いとされている。不安ならタイヤ専門店でチェックしてもらうと安心だ。

 いずれにしても、スタッドレスタイヤを履いているときは、雪道、雨の日はもちろん、ドライ路面でも、速度を落として走ることが肝心である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します