サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ販売にGOが出た!? 個性派デザインが不評だった車3選

ここから本文です

なぜ販売にGOが出た!? 個性派デザインが不評だった車3選

■よくぞ作った! 残念なデザインのクルマたち

 新型車やフルモデルチェンジしたクルマが、ヒットする重要な要素のひとつが外観のデザインです。そのため、各メーカーは優秀なデザイナーを雇い、日々新たなデザインを模索しています。

カッコ悪かった「きのこミラー」なぜ減った? SUV・ミニバンの突起ミラーが消えた理由

 しかし、そうしてデザインされたクルマが必ずしも売れるわけではなく、なかには不評だったクルマもあります。

 そこで、デザインがユーザーに受け入れられなかったクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「レパードJフェリー」

 日産「レパード」は、初代が2ドアと4ドアのスペシャリティカーとして1980年に発売されました。2代目は刑事ドラマでもおなじみの2ドアクーペとなり、1986年に発売され人気を博します。

 そして、1992年にフルモデルチェンジして、3代目となる「レパードJフェリー」を発売。

 レパードJフェリーは4ドアセダンとなり、北米の高級車ブランド「インフィニティ」から販売された「J30」の国内向けという位置づけでした。

 上級グレードには4.1リッターV型8気筒エンジンが搭載されるなど、先代のハイソカーから高級車路線にシフトします。

 外観は全体的に曲線を多用した形状で、特徴的なポイントはトランクがリアにかけて下がる、いわゆる「尻下がり」のデザインだったことです。

 この尻下がりはアメリカでは昔から高級車に採用されていましたが、日本では受け入れられず、さらに丸みをおびたデザインは高級車として押し出しの強さが足りなかったことや、バブルが弾けた後だったことも販売不振の原因となりました。

 1996年に発売された4代目レパードは「セドリック/グロリア」のコンポーネントをベースとした、比較的オーソドックスなデザインのセダンになりましたが、それでも販売台数は好転せず、1999年に販売を終了。後継車はありませんでした。

●ホンダ「エレメント」

 ホンダ「エレメント」はアメリカで「ジェネレーションY」と呼ばれる、1980年代から1990年代に生まれた若者をターゲットに、2002年に発売されたSUVです。

 開発、デザイン、生産のすべてがアメリカでおこなわれ、日本では2003年から輸入車として販売が開始されました。

 デザインの特徴はボディを一周するように配置された樹脂パネルで、色分けされた2トーンの外観がアクセントになっています。また、ドアはフロントが前側に、リアが後側に開く「観音開き」のヒンジドアとなっていて、センターピラーが無い構造です。

 テールゲートは上下に開き、下側のゲートはそのままベンチとして使用可能でした。ちなみに、アメリカではテールゲートに腰掛けて仲間とワイワイ過ごすことを、「テールゲート・パーティ」と呼びます。

 若者をターゲットとしたデザインや仕様は、アメリカでは受け入れられてヒットしましたが、日本では安っぽく見えるという意見が多く、販売は振るわず、発売から2年ほどで販売を終了します。

 なお、アメリカでは2009年にビッグマイナーチェンジがおこなわれ、2011年まで販売されましたが、後継車は登場しませんでした。

■GOサインを出したフィアットの幹部はすごい!?

●フィアット「ムルティプラ」

 現在、コンパクトミニバン市場は日本車の独壇場ですが、イタリアはコンパクトミニバンの先駆け的存在のクルマを作っていました。

 それは初代フィアット「ムルティプラ」で、同社のコンパクトカー「600」の派生車として1956年に誕生。リアエンジンのRR駆動で、3500mmほどの全長ながら3列シート6人乗りを可能にした、優れたパッケージのクルマです。

 そして、1998年に発売された新型ムルティプラは同じく6人乗りのミニバンでしたが、フロントマスクはまるで両生類のようで、キャビンのデザインはクルマにクルマがめり込んだようだと揶揄されます。

 ムルティプラは2列シートながら、前席に3人、後席に3人が乗車可能で、それを実現するため全長3995mm、全幅1870mmと、全長に対して極端に幅が大きくなっており、この比率も不評でした。

 ムルティプラのデザインは欧州で酷評されたため、さすがにフィアットも無視することができず、2004年のマイナーチェンジでフロントフェイスのデザインを大幅に変更します。しかし、後期型はあまりにも普通すぎて、あえて前期型を好むファンも多いという皮肉な結果となりました。

※ ※ ※

 今回、紹介したクルマのデザインは不評でしたが、いま見ると強い個性を持っているように思えます。

 デザインに正解は無いといいますが、大衆に受けるデザインが優れたデザインだとすると、この3台は優れてはいなかったと片付けられてしまうでしょう。

 確かに販売台数は伸びなかったのですが、記憶に残るクルマたちです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します