サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アキュラ、2023年導入のLMDh車両『ARX-06』はオレカをパートナーに開発進める

ここから本文です

 ホンダの北米ブランドであるアキュラは、2023年から導入されるLMDh規定の新型プロトタイプマシンの開発を、フランスのコンストラクターであるオレカと組んで進めていると明らかにした。

 LMDh規定が導入される2023年以降も、IMSAに参戦継続するとすでに発表しているアキュラがオレカと共同でプロジェクトを進めていくのは、既定路線だったとも言える。

■小林可夢偉、2022年はトヨタWECのドライバー兼チーム代表に! 中嶋一貴の後任は平川亮

 IMSAウェザーデック・スポーツカー選手権を戦っているアキュラの現行マシン、ARX-05はDPi規定に基づいて、オレカと共同開発されたマシンであり、オレカのLMP2マシンをベースにしているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ