サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「芸術品の軽自動車を守り抜いてほしい」勇退した鈴木修氏の功績とは

ここから本文です

 「最後ですから、ごきげんよう。軽自動車は芸術品、守り通して欲しいですね」。スズキの鈴木修会長は、2021年5月13日に行われた2020年度の決算説明会で、このようにコメントした。

 かつて軽自動車の増税構想や軽自動車枠を根本的に見直そうとする動きに対して鈴木修氏は以前から、「軽自動車は寸法も排気量も厳しく制限されている。そのなかで4人乗りの素晴らしいクルマができているのは、軽メーカー各社の努力のたまもので、いわば芸術品のようなものだ。

新車から29年 2度の廃車危機を乗り越え現在に至るスズキ カプチーノの真実とは?【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.5】

 その努力を見ないで普通のクルマと同じようなものと言うのはいかがなものか」と反論してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン