サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 開幕までに知識を増やそう。カーナンバーとチーム名の由来を知る:Panther arto Team Thailand

ここから本文です

開幕までに知識を増やそう。カーナンバーとチーム名の由来を知る:Panther arto Team Thailand

開幕までに知識を増やそう。カーナンバーとチーム名の由来を知る:Panther arto Team Thailand

 新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる国内モータースポーツ界。2020年はGT500クラスへのクラス1車両の導入、年間2戦の海外開催、熾烈さを増すGT300クラスなど数多くのトピックスがあったスーパーGTも、開幕から5戦が延期となってしまった。ただ7月の開幕を前に、ちょっぴり知識をつけておけば、来たる開幕がより楽しく迎えられるはずだ。そこで、不定期連載となるがスーパーGT参戦チームのチーム名とカーナンバーの由来をお届けしよう。第36回目は、GT300クラスに参戦するPanther arto Team Thailandだ。

■Panther arto Team Thailand
マシン:arto RC F GT3
ドライバー:ショーン・ウォーキンショー/ナタポン・ホートンカム
カーナンバー:35
監督:ステポン・サミタシャ
タイヤ:ヨコハマ

開幕までに知識を増やそう。カーナンバーとチーム名の由来を知る:TEAM IMPUL

 スーパーGTには、参戦するクラスや前年のランキングによってさまざまなシード分けがあるが、海外からの積極的な参戦を促すため、『インターナショナルチーム』という枠が2チーム分設けられている。この枠をスーパーGTで初めて使いシリーズを戦っているのがPanther arto Team Thailandだ。

 その名のとおりタイのチームだが、代表も務めるステポン・サミタシャ監督は『アトさん』のニックネームをもつ人物。1980年代から日本に留学し、15年ほど過ごしているため日本語も堪能。実は日本で暮らしモータースポーツを始めた頃、坂東正明GTアソシエイション会長とも交流があった。この頃についたニックネームが『アト(アットと発音することも)』で、『arto』と表記する。

 サミタシャ監督は、タイでモータースポーツ活動を展開しており、トヨタ・チーム・タイランドを率いる。2016年には創立30周年を迎えているので、1986年がチーム創設年となる。サミタシャ監督はチームを展開する一方で、自らドライバーとしても戦っており、タイのトップカテゴリーであるタイランド・スーパーシリーズにも参戦。トヨタ・チーム・タイランドはタイのトップチームとしてシリーズの主役とも言える存在となっていた。

 そんなトヨタ・チーム・タイランドは、2014年のタイ戦に土屋武士/ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナのコンビで初めてスーパーGTにワイルドカード参戦を果たした。このとき使われたマシンは、GT300マザーシャシーの初めて製造された1台。土屋はこのときエンジニアも務めており、マシンのもつポテンシャルをつかみ、翌年マザーシャシーを導入することになる。

 さらにチームは、2016年にナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ/ピッティ・ビロムパクディのドライブでふたたびタイ戦にスポット参戦すると、2017年にはPANTHER TEAM THAILANDとしてシリーズ参戦を果たした。ドライバーはトヨタ・チーム・タイランド時代からエースとして活躍してきたジャルーンスルカワッタナと、ナタポン・ホートンカムのふたりだ。この年からチーム名としてついた『PANTHER』は、タイの大手通信企業であるトゥルー・グループのエンターテインメント企業の『パンサー・エンターテインメント』の名でもある。

 ちなみにチームのマシンカラーリングを見ると、タイ最大の複合企業であるCPグループ(日本でも食品を購入可能)や中国の大手金融グループである中国平安などなど、アジアの超大企業がスポンサードしているのが分かる。チーム名からも分かるが、タイの大きな期待も背負っているレーシングチームなのだ。チャン・インターナショナル・サーキットでのレースでは、まさに注目の的と言える。

 こうしてフル参戦を果たしたチームは、2017年こそフォーミュラに乗り慣れたドライバーでも苦戦するマザーシャシーに悩むことになるが、2018年からはレクサスRC F GT3を投入。高い安定感を披露しはじめた。また2019年には、ショーン・ウォーキンショーが加入し、さらにポテンシャルを上げている。2020年は岡山公式テストで第3ドライバーとして、WECでLMP1経験ももつマティアス・ベッシェも起用。楽しみな存在となっている。

 そんなPanther arto Team Thailandのカーナンバーは、2016年のスポット参戦時から『35』を使っている。これはフル参戦初年度のドライバーだったジャルーンスルカワッタナとホートンカムが、タイランド・スーパーシリーズで使用していたのが『38』、『39』だったが、当然スーパーGTではすでに使用済み。そこでトヨタ系チームということもあり、空いている中で選ばれたのが同じく30番台の35という数字だ。ちなみにサミタシャ監督は、タイでレースを戦うときにはカーナンバー『19』を使う。バンドウとのゆかりの深さがうかがえるだろう。

 Panther arto Team ThailandはスーパーGTでの活動に加え、タイランド・スーパーシリーズやニュルブルクリンク24時間への挑戦など、さまざまな活動を行っている。タイを代表するチームのスーパーGTへの挑戦はまだまだ続く。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します