サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「節約のために1周あたり2秒失った」燃料系トラブル発生のリカルド、表示エラーが起きていたと判明/F1第12戦

ここから本文です

 ダニエル・リカルド(マクラーレン)のF1第20戦カタールGPは、日曜日にますます状況が悪くなった。スタートが芳しくなかったことと、マシンの燃料表示のエラーによってレースが台無しになったのだ。

 リカルドの土曜日の予選結果は14番手に過ぎず、日曜日にはやるべき多くの仕事があった。だがスタート時にターン1の混雑で慎重なアプローチを取ったリカルドは残念ながら16番手に下がってしまい、そこから順位を挽回していった。

リカルド「燃料系トラブルにより、燃費を抑えて走ったことがレースに影響」:マクラーレン F1第20戦決勝

 しかし、燃料消費量が大幅に上がったことが表示されたため、リカルドはレース後半では節約モードでの走行に切り替え、そのために後方に長く留まることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン