サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディカー:iRacingを使ったバーチャルレースはセージ・カラムが優勝を飾る

ここから本文です
 アメリカでも感染者が急増しているなか、インディカー・シリーズは3月28日、ドライビングシミュレーターのiRacingを使ったバーチャルレースを開催。25台によるレースをセージ・カラム(DRRウィックス・フィルター・シボレー)が優勝を飾った。

 このバーチャルレースは、レースが順延となったインディカー・シリーズが主催し、ドライビングシミュレーターのiRacingを使い、オンラインで実際のドライバーたちが戦うというもの。今季から採用されるエアロスクリーンを備えたマシンにカラーリングも実際のものを使い、ワトキンスグレンを舞台に。

おすすめのニュース

サイトトップへ