現在位置: carview! > カタログ > ブガッティ > みんなの質問 > ブガッティ・ヴェイロンは、なぜ水平対向エンジ...

ブガッティ のみんなの質問

解決済み
回答数:
2
2
閲覧数:
61
0

ブガッティ・ヴェイロンは、なぜ水平対向エンジンではなく、V型エンジンなのですか? 水平対向エンジンが一番振動が少ないのにな。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

水平対抗(180°Vも含む)は排気の取り回しが非常に厳しくなります。
排気を通す分だけクランクセンターを高く設定する必要があります。

また水平対抗だとクランクが非常に長くなります。
構造的には振動は少なくても捻れてしまえば簡単に折れます。
6気筒を超える場合は水平対抗のメリットは全くありません。

レースの世界で180°Vのエンジンが活躍したのは40年以上も前の話です。
レーシングカーのエンジンでは数々の失敗を経て、6気筒以上のマルチシリンダーではV型以外はあり得ないという結論が出ています。

ある程度の耐久性を持たせ1000psを達成するなら5000cc以上の排気量プラスターボによる過給は必要です。

この条件であれば少なくとも8気筒以上が条件となりますので、まともな設計を行うエンジニアなら水平対抗は候補から外します。

その他の回答 (1件)

  • ブガッティ・ヴェイロンは細かく分類するとW型16気筒エンジンです。
    W型はシリンダーの列が4列あり、カムシャフトは吸気と排気合わせて8保なったはずです。
    V型や水平対向の16気筒にすると、片側8気筒になりますが、片側8気筒では、多分エンジンが長くなりすぎてしまうので水平対向にはしなかったのだと思います。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

ブガッティのみんなの質問ランキング