現在位置: carview! > 新車カタログ > ブガッティ(BUGATTI) > みんなの質問 > ブガッティ ヴェイロンについて

ブガッティ のみんなの質問

解決済み
回答数:
2
2
閲覧数:
713
0

ブガッティ ヴェイロンについて

ブガッティ ヴェイロンについてどうしても気になることがあります
・ヴェイロンの名を持つモデルが世に出たのは1999年の東京モーターショーが最初であり、この時のモデル名称はEB18/4ヴェイロンでした。翌2000年のモンディアル・ド・ロトモビルで搭載エンジンがW18気筒からW16気筒に変更されたのですが、なぜW18からW16に変更されたのですか??
・1001馬力を発生するため、冷却条件を満たすため冷却水は50Lなのですが、50Lの重さ+エンジンオイル23Lの重さを補うために何か工夫がされているのですか??
・変速機は7AT。クラッチ操作を必要としないでどうやってギアチェンジをするのですか??
・駆動形式が4WDなのはなぜですか?
・4WDは、オールタイムのものですか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

気筒数についてはちょっとわかりませんが、
エンジンは16気筒もあれば発熱量も相当ですからエンジンフードがないというのも冷却の効率化のためだそうです。車量は2トンオーバーで少しでも軽くなるようカーボンモノコックボディを採用してますし、重さを補うためにもパワーがありますね。
2ペタルMTのクラッチはCPU制御で動力自体は油圧です。
駆動方式はフルタイムの4WDで、理由はやはり大パワー、トルクを確実に路面に伝えるならこれしかないですよ。FRではパワーを伝えきれないし、コントロールも困難になるからです。

質問者からのお礼コメント

2010.8.24 14:45

お2人ともとてもよく分かりやすい説明ありがとうございました。

その他の回答 (1件)

  • W-18は直6×3バンク1軸クランクの余りにも複雑な構造なのでメンテナンスに非常な手間が掛かるのと信頼性に欠ける為に試作のみで終りましたがヴェイロン16.4用のW-16はそれ迄に量産化に成功し実積の有るVR-6用のV-8を並列に2機組み合わせ4バンク1軸クランクとして量産の手間の簡素化とコスダウンと信頼性を確保しようとし.量産化に践みきりました。ミッションは7速DCTなのでA/TでもM/Tでもありませんし余りにも強大なパワー/トルクを路面に伝達する為にフルタイム4WD化されています。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ブガッティのみんなの質問ランキング