現在位置: carview! > カタログ > ブガッティ > みんなの質問 > フェルディナント・ピエヒさんがブガッティ ヴ...

ブガッティ のみんなの質問

解決済み
回答数:
1
1
閲覧数:
23
0

フェルディナント・ピエヒさんがブガッティ ヴェイロンを開発した経緯について質問です。

自身のエンジニアとしての集大成として、祖父フェルディナント・ポルシェ博士が開発した、アウトウニオン Pヴァーゲンを超える性能の車を市販したかったと考えています。

その根拠は、開発過程で18気筒を標榜し、市販型で16気筒となった事、根拠もない400㎞/hに拘った事、ミッドシップであること、いずれもPヴァーゲンを超える性能のものを作りたいという思いがひしひしと伝わります。

ところが、自社ブランドではこれだけの性能の車を高級車として認知してもらえないので、ブガッティの商標権を買い取ったと考えたのですが、この推測は間違っているでしょうか?

もう一つ、何故アウトウニオンブランドで販売しなかったのか、これも腑に落ちないです。

アウトウニオンで売れば、Pヴァーゲンの後継車としての箔が付くと思うのですが…。

宜しくお願い致します。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

自分が思うにピエヒ氏は優秀なエンジニアであるけれどそれ以上に経営者としてVWグループにおいて手腕を発揮し、ブランド戦略に関しては極めてドライに行ってきたのでは。
その中でピエヒ氏はルマンにおいてもポルシェを敢えて外してアウディにやベントレーに花を持たせるなどの歴史や伝統に捕らわれないレース戦略をしてきた。
そう考えるとピエヒ氏が貴方が思うようなロマンチックな思いでクルマ造りをするなどとは私には考えられない。
強いて言えばピエヒ氏にとってVWグループにおいて一番思い入れが強いのは、自身がプレミアムブランドに押し上げたアウディであり、そこに既に集約されているアウトウニオンを復活させるなどという構想は考えにくいのではと思う。

その他の回答 (0件)

その他の回答はまだありません

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ブガッティのみんなの質問ランキング