現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新開発の直6ユニット搭載 ランドローバー・レンジローバー・スポーツHSTに試乗

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.27

新開発の直6ユニット搭載 ランドローバー・レンジローバー・スポーツHSTに試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JLR社新開発の直列6気筒ユニット

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)レンジローバー・スポーツ「HST」は、ポルシェ・カイエンのライバルとして追加されたグレードとなるが、JLR(ジャガー・ランドローバー)社が開発した、新しい直列6気筒エンジンを初めて搭載するクルマにもなった。

    【画像】HSTとPHEV版のP400e 全52枚

JLRがV6エンジンにかわって直6エンジンに移行しようとしている理由はいくつかある。モジュラーブロック構造を持つ、インジニウムユニットの4気筒エンジンを生かして開発が可能だという理由も大きい。バンクを挟んで左右に分かれるV6エンジンほど吸気や排気システムが複雑にならず、パッケージングも簡素化できるというメリットもある。さらにAUTOCARの読者ならおわかりかと思うが、直列6気筒という機構自体が持つ、優れたバランス性による滑らかな回転フィールも見逃せない魅力だ。

レンジローバーの新しいP400に搭載される直列6気筒ユニットは、排気量3.0Lで、ツインスクロール・ターボによって過給。電動スーパーチャージャーとマイルドハイブリッド・システムも組み合わさり、最高出力401ps、最大トルク56.0kg-mを生み出す。従来までの3.0L V6スーパーチャージャー・ユニットと置き換わる、インジニウムユニットの新バージョンとなる。

英国での価格はP400eプラグイン・ハイブリッドに次ぐ設定。だが最高速度や加速性能では、P400eよりも優れている。

2.2tの車重に負けない鋭いレスポンス

レンジローバー・スポーツHSTの第一印象で最も強いのが、この新しいエンジンの洗練性だろう。ランドローバーが長い時間をかけて、価格帯を問わずに最もスムーズで存在感の薄いエンジンを目指して開発したのがこの直6ユニット。サイレント・タイミングチェーンなどの技術も取り入れられており、その努力が結実している。

都市部での道路では非常に静かに走行する。流れに合わせて穏やかにアクセルペダルを操作している限り、変速も気づかない内に終了している。だがスロットルの状況によっては、変速時のフィーリングが一定せず、シフトアップ時に不意にトルクが増強されるような振る舞いも感じられた。しかし、ほとんどの場面では滑らかにクルマを進めてくれる。

マニュアルモードでエンジンの回転数を引っ張れば、2.2tにも及ぶ車重に負けず、直列6気筒エンジンのレスポンスは鋭くフレキシブル。もしこれで変速時のフィーリングに一貫性があり、さらに車重も500kgほど軽ければ、充分にスポーティな味わいとなるだろう。

パワーデリバリーも漸進的で、同じJLR製の4気筒インジニウム・ターボエンジンより、6000rpm以上の回転数でも息苦しさを感じさせない。静かいながらも音響面でも素晴らしく、低回転域では控えめなハミングだが、回転数の上昇とともにトーンも上がってくる。

サイズダウンしたい22インチのホイール

今回の試乗は短時間だったため、HSTの日常的な利用環境での燃費を導くまでには至らなかったが、都市部と郊外とを混ぜ合わせて走行した条件なら8.8km/Lは達成できそうだ。エンジンのポテンシャルを試そうとすると、6.5km/Lくらいにまで著しく落ちてしまう。SDV6ディーゼル・エンジン並みの燃費を期待すると肩透かしとなるが、マイルドハイブリッド・システムも搭載しており、上手に運転すれば燃費は伸ばせる。

ハンドリング面は、現行のL494型世代のレンジローバー・スポーツから基本的に不変。ラグジュアリーSUVの中で見れば、かなり優れているといえる。これだけの重量を持つ大柄の体格のクルマが、郊外のカーブが連続する道でも、機敏に正確性を保って走らせることができることは驚きに値するだろう。

ボディコントロール性も高く、サスペンションは長い波長で波打つような路面でも巧みにいなしてくれる。レンジローバー・スポーツは、このカテゴリーで運転にこだわりのあるドライバーなら真っ先に選ぶべきモデルだと改めて実感する。2013年から変わらず、ややリモート感はつきまとうが、高級SUVとして煮詰められた完成度を備えている。

試乗車で指摘する点としては、22インチという大きなホイールを履いていることで、脚さばきで苦労していたということ。高速域ではしなやかな乗り心地だが、ボディの落ち着きがなくなり、鋭い入力が車内に侵入してくる場面もあった。もちろん小径のホイールも選択は可能だ。

V6ディーゼルとV8ガソリンの良いとこ取り

ランドローバーが2017年に施したフェイスリフトにより、インテリアの質感は大幅に向上している。古びた感じは殆どなくなったと思う。JLR製のタッチプロデュオ・インフォテインメント・システムは、滑らかなグラフィックと馴染みやすく優れた操作性が自慢。インテリアに用いられている素材も上質で、車内は視覚的にも触覚的にも、訴求力は高い。

アピアランスは、わたしの好みとしては余り派手なものは避けたいところ。インテリアのツートンカラーのレーザーインテリアはオプションだが、カーボン素材のエクステリアトリムや、22インチの大径ホイールは少し盛り過ぎに思う。基本的には極めて洗練されているだけに、ホイールサイズを適正に選び低速域での乗り心地を向上させることで、より良い仕上がりになるだろう。

新しいエンジンはレンジローバー・スポーツとの相性も良く、V6ディーゼルエンジンに匹敵する最大トルクと安楽なドライバビリティを提供しつつ、V8ガソリンエンジンにも劣らない洗練性と豊かさを味わわせてくれる。

多くのSUVユーザーにとってはSDV6ディーゼル・エンジンの方が魅力的かもしれないが、主に都市部での利用が中心となるユーザーにとっては、直列6気筒エンジンも魅力的な選択肢となることは間違いない。また、ランドローバーやジャガーの他のモデルにとっても、この新しいエンジンが追加されることで、ストロングポイントになり得ることも充分に予見できるのだった。

ランドローバー・レンジローバー・スポーツHSTのスペック

価格:8万1250ポンド(1056万円)
全長:4879mm
全幅:1990mm
全高:1803mm
最高速度:225km/h
0-100km/h加速:6.2秒
燃費:8.8-9.7km/L
CO2排出量:-
乾燥重量:2210kg
パワートレイン:直列6気筒2996ccターボ+電動スーパーチャージャー+48Vマイルドハイブリッド
使用燃料:ガソリン
最高出力:401ps/5500rpm
最大トルク:56.0kg-m/2000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN マット・ソーンダース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します