現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジャガー・ランドローバー 2年以内に5車種の新型車 生き残り賭け

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.13

ジャガー・ランドローバー 2年以内に5車種の新型車 生き残り賭け

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ーMLAアーキテクチャ HVやEVにも
ーソフトウェアの無線アップデート機能も
ー次期型ジャガーXJは超高級EVに
ー「ロードローバー」の車名は未確定
ーバッテリーやモーターも英国内で生産
ーJLR 発売予定の5車種の新型車

    ジャガー・ランドローバー幹部に訊く Iペイスの評価、次期XJのEV化、新型イヴォークの意味

MLAアーキテクチャ HVやEVにも

ジャガー・ランドローバーが、今後2年間に5台の新型車を投入する計画を明らかにした。それには多額の投資も伴う。すべては財政を好転させ、将来の安定した状態を築くためだ。

まず、3つのまったく新しいモデル・シリーズが設定される。新型ディフェンダー、高級SUVのJペース、そしてロードローバーという車名がうわさされているクロスオーバーだ。さらにJLRのエンジニアたちは、ジャガーXJの後継として新しい電気自動車サルーンを開発しており、2020年には発表される見込みだ。そして2022年までには、第5世代の次期型レンジローバーも登場する。

これらの新型モデルはすべて、JLRが新開発したMLAアーキテクチャをベースとする。このフレキシブルなアーキテクチャは、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、純粋な電気自動車ドライブトレインのいずれにも適応できる。

同社の公式文書によると、完全電気自動車のレンジローバーおよびディスカバリーも、2025年までに投入されるようだ。しかし、完全電動ディフェンダーの計画は今のところない。

内燃エンジン搭載モデルも、ランドローバーの「3本柱」と呼ばれるレンジローバー、ディスカバリー、ディフェンダーには残される。しかし、2025年までにはマイルドハイブリッドまたはプラグインハイブリッドを組み合わせたものだけになる。

ソフトウェアの無線アップデート機能も

MLAベースのモデルには、SOTA(ソフトウェアの無線アップデート)機能が搭載されるという情報も入っている。電動化されたアークテクチャに搭載されている14個の「モジュール」が、インターネットにつながるという。

SOTAの採用によって、保証クレームを減らしたり、ある種のリコールは実施しなくても済むようになると、JLRでは言っている。サービスの必要な時期を知らせたり、あるいはユーザーが加入する保険も提供することができるという。車載ソフトウェアのアップグレードや、車内で金銭の受け取りや支払いを行うサービスも計画されている。このように現実世界で使われる車両から得られるデータを、将来の新型車開発にも役立てたいとJLRは語っている。

最初に発表が予定されているJLRのニューモデルは、新型ディフェンダーだ。今年中に新しいスロヴァキアのニトラ工場で生産が始まることになっている。新アーキテクチャを使った新モデルを、新工場で新たに雇用した多くの従業員たちが生産するということで、新型ディフェンダーのプロジェクトはJLRにとって大きな挑戦となる。

しかし、AUTOCARがスクープとして報じたとおり、3種類のボディが用意される新型ディフェンダーは、利益率の高い高級ファミリーSUV市場で、非常に大きな可能性が期待できる。

次期型ジャガーXJは超高級EVに

AUTOCARが2015年に初めて報じたとおり、現行型XJの後継モデルは完全な電気自動車となる。これにより、2009年からバーミンガム近郊のキャッスル・ブロムウィチ工場で10年間にわたって続けられてきたX351型XJの生産は間もなく終了する。

12カ月以内に発表される新モデルは、現行のXJより高価なメルセデス・ベンツSクラスに対抗する(旧態化したテスラ・モデルSとはかなりの差が開く)あからさまな超高級車になる見込みだ。ただし、ライバルよりもドライバー中心のモデルになる。

JLRはこの新型XJが、東アジアの大都会に適した排ガスを出さない高級車として、ライバルのプレミアムEVを出し抜くことを期待している。遅れてガソリン・エンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド版のXJも追加されるようだ。

キャッスル・ブロムウィチ工場は改修を受け、ジャガーJペースの生産に向けられる。2021年初頭までに発表されるJペースは、Fペースより大型で高級な市場を狙った新型SUV。後に完全電気自動車版も設定される見込みだ。

「ロードローバー」の車名は未確定

レンジローバー・ファミリーに加わる5番目のモデルは、2021年後半に発表される。AUTOCARでは2017年に初めて報じたこの新型車も、MLAプラットフォームをベースとする。JLRの公式文書では「ミディアムSUV」と表記されており、イヴォークとヴェラールの間に位置するモデルになると思われる。

従来のレンジローバーよりオンロードを重視し、より小さな前面投影面積を持つことから、レンジローバー・ファミリーで最も燃費の良いモデルになることが予想される。また、これがレンジローバーとして最初の完全電動モデルになる見込みだ。JLRが歴史的なロードローバーという名称を商標登録したことから、このモデルにロードローバーの車名が与えられるのではないかと言われているが、最終的な市販モデルが何という車名になるかは、まだ明らかになっていない。

当初、JLRが稼働率の低いキャッスル・ブロムウィチ工場に多額の投資をしてMLAプラットフォームの生産工場に転換するというニュースは、自動車業界にとってちょっとした驚きをもたらした。しかし、今ではJLRが英国政府から5億ポンドもの融資保証を受けることが明らかになっている。

この投資は、キャッスル・ブロムウィチ工場の転換のみならず、バーミンガム東のハムス・ホールに建設される新しいバッテリー工場や、さらに英国内で電気モーターを製造するためにも使われる。

バッテリーやモーターも英国内で生産

JLRは既にBMWと共同で次世代の電気駆動ユニット(EDU)を開発すると発表している。JLRはこのEDUをウルヴァーハンプトンのエンジン工場で製造するつもりだ。同社によれば、この工場では、現在のガソリンおよびディーゼル「インジニウム」エンジンの製造から、EDUの生産へとシームレスに移行することが可能だという。

JLRのラルフ・スペスCEOは先日、バッテリーがEVのコストの40%を占めること、そしてそのバッテリーパックを英国内で生産し、英国製の車両に搭載することが、この国にとって経済的必要性になると語った。

バッテリーの英国生産を確実なものにしない限り、自動車の製造は国外へ移り、英国自動車産業は打撃を受けることになると、スペスは予想している。

JLRは確かな目標を掲げ、今後12~24カ月にわたる生産計画を実行中だが、直近に取り組まなければならない多くの問題を抱えている。既存モデルの販売は落ち込みを続けており、2019年の1月から4月までの販売台数は、前年同期比でジャガーが11%減、ランドローバーは13%減だった。

JLR 発売予定の5車種の新型車

ジャガーXJ:2020年後半

1968年に登場したXJは、スムーズな走り、優れたハンドリング、安楽な高速走行性能において新たな基準となった。古い宣伝文句「グレース、ペース、スペース(優雅で速くて広い)」は、純粋な電気自動車となる新型XJにも完璧に当てはまるだろう。ただし、JLRはこのMLAベースとなる新型車について、事実上は何も語っていない。最近ジャガーを辞めたデザイン部門責任者のイアン・カラムは、新型XJが本物の豪華さを提供するとともに、運転すると依然としてジャガーらしさを感じるクルマになるとほのめかした。おそらく、運転手付きの高級車に適したこのEVは、ロングホイールベースのみとなるだろう。

ランドローバー・ディフェンダー:2020年後半

この新たに生まれ変わる英国車の象徴的モデルは、新開発のMLAプラットフォームによる洗練された乗り味と、無骨ながら滑らかさを増したルックス、そして驚くほどレトロなインテリアを併せ持つクルマになるだろう。ショートボディの90とロングボディの110に加え、3列シートを備える130が2022年に追加される。新型ディフェンダー・ファミリーもプレミアムな価格帯を引き継ぐが(エントリー・レベルの90が約520万円からになる見込み)、現在の過度に高級化が進んだプレミアムSUVの市場では問題なく、「活動的な」家族に向けたより説得力のある選択肢として、切り込んでいけるだろう。

ジャガーJペース:2021年中期

Jペースはレンジローバーと多くを共有するフルサイズSUVで、Fペースが抱える問題に取り組むことになる。それは主に、より洗練されたインテリアと、より先進的なインフォテインメントを備えるということだ。Jペースには、新しいインジニウム直列6気筒エンジンが、マイルドおよびプラグインハイブリッドとの組み合わせで搭載される。このエンジンは2025年まで大事な役割を担う。2025年の世界販売において、ガソリン・エンジンは依然として49%を占めるとJLRは見ている。一方、ディーゼルは12%に留まる見込みだという。

レンジローバー「ロードローバー」:2021年後半

2018年から2019年にかけてJLRの販売は落ち込んだが、それでも年間70万台に向け上昇の兆しは見えている。現在の販売損失は、やっかいなEUの平均CO2規制によるところが大きいからだ。2025年の目標値に適合するため、JLRではプラグインハイブリッドに力を入れている。しかし、さらに効率に優れた車高の低いモデルも必要とされている。それが、「ロードローバー」という車名でうわさされているモデルだ。MLAプラットフォームを使った4番目の新型車となるこのクルマは、オンロードの快適性や運動性能を重視しながら、オフロード走破性でもライバルを凌ぐクロスオーバーになると言われている。そしてこれがレンジローバー・シリーズ初の電気自動車になるだろう。

レンジローバー:2022年

発売が2012年であるにもかかわらず、アップデートを受けた4代目レンジローバーは依然としてJLRに大きな利益をもたらし続けている。販売が減少し始めたのは、ほんの数カ月前になってからだ。第5世代モデルのスタイリングは、内外装ともようやく完成したばかりで、ランドローバーのデザイン・チームが重圧を背負っていたことは明らかだ。先代と同様、5代目レンジローバーは豪華な室内を実現し、外観には尊大な優越性を感じさせる雰囲気が維持されていなければならない。最も売れると予想されるプラグインハイブリッド・バージョンは、電気のみで60km以上の距離を走行可能になる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dis*****|2019/08/14 07:38

    違反報告

    今度からBMWのユニットになるんでしょ? 物としては良くなるけどもう絶対候補に入れないな。買う価値ゼロ。
    特に三鷹の若いのはロクに車の説明も出来ないのに訳わかんねー事ばっか抜かしてやがって頭来るわ。
    で、こっちの乗ってる車がわかるとコロッと態度変わるし。とんだ小物だな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します